高額請求から大量出血まで 包茎手術でのトラブル

高額請求から大量出血まで 包茎手術でのトラブル - 誰にも言えない男の悩み「包茎」

誰にも言えない男の悩み「包茎」 > 包茎手術でのトラブル

高額請求から大量出血まで 包茎手術でのトラブル

包茎手術について、トラブルが増えているのも事実です。
国民生活センターには、不安をあおられて高額な施術を強引に勧められたり、手術後に痛みが続いたりするなどの相談が相次いでいるそうです。

相談内容としては、広告では手術費用が5万~10万円と掲載されていたのに、病院に行くと「安い手術だと汚い仕上がりになる」などと説明され、広告の10倍近い高額な施術を勧められ、その日のうちに契約し手術してしまった、といった例が多いようです。
デリケートな部分に漬け込んだ悪質な病院もあるようで、中には100万円以上支払った人もいるそうです。

また、手術によって痛みや腫れのほか、大量に出血したり、ひどい場合は、患部の組織が壊死(えし)したりしたという術後をめぐる相談もあるそうです。
アンケートによると約4割の人が、施術後に何らかの不安や不満、不具合を感じているという結果となりました。

包茎手術の場合、医学上緊急性がないケースがほとんどなので、その場で納得のいかない契約をしたり、即日施術を受けるのは避けるべきです。
また、広告で安さを前面に出したり、術前術後の写真を掲載したりする医療機関を選ばない方が賢明でしょう。
周りにバレたくないから、即日手術できるなら早く済ませたいと思う人もいるかもしれませんし、費用が安いと仕上がりが雑だと言われれば気持ちが揺らぐかもしれませんが、包茎で悩んでいる時は、きちんとした泌尿器科か形成外科を受診し、医者からのきちんと説明を受けて納得したうえで検討するようにしましょう。
内容や金額、医師の説明、カウンセリングなど時間にも気持ちにも余裕をもって決断するように心がけてください。