包茎手術を受けた人のその後の生活を実際の体験談を紹介

包茎手術を受けた人のその後の生活を実際の体験談を紹介 - 誰にも言えない男の悩み「包茎」

誰にも言えない男の悩み「包茎」 > 包茎手術を受けた人のその後の生活

包茎手術を受けた人のその後の生活を実際の体験談を紹介

勇気を出して包茎手術受けた人のその後の生活はどのようなものなのでしょうか。
ここでは、無事に手術を終えた男性の体験談をご紹介します。

無事に手術を終えてほっとするのもつかの間。
もちろん痛みや違和感は多少あるようです。
そして、病院から禁止事項などの細かい指示もあります。
今回はこの男性が病院から受けた指示をご紹介します。

○術後の感染症などを防ぐため抗生物質を処方される。服薬中は禁酒。
○手術後4日目までは患部を濡らしてはいけないので入浴(シャワーも)禁止。
○5日目~1週間目は患部を濡らしてもいがシャワーだけで短時間で済ませる。
○1週間目以降は普段通りに入浴可能。
○術後1週間は激しい運動は控える(傷の痛みもあるので現実的にも不可能)。

術後1週間を過ぎると、患部も少しずつ落ち着いてきます。

<患部の状態>
・まだ若干包帯に傷跡の体液が付着する。
・内出血やむくみもなくなってきた。
・見た目も正常なペニスになってきた。

<入浴>
・医師の指導により入浴の許可は出ている。
・若干躊躇はあるものの患部の清潔を保つために患部を洗う必要がある。
・傷口の痛みやしみる感じもない。
・全身お湯につけることができる。

<ケア>
・タオルではなくドライヤーの冷風をあてて乾かす。
・お風呂上りに消毒液を塗る。

<今後について>
・このまま経過が良ければ、社会復帰できそうな感じ。

<手術を受けた感想>
戸惑いや驚き、痛みや不安など精神的な負担も大きかったが、約1週間でほぼ元通りの生活ができるようになるので、手術を受けてよかったと感じているようです。
案ずるより産むがやすし、とはこのことでしょうか。