包茎手術をするべき?その理由は…。

包茎手術をするべき?その理由は…。 - 誰にも言えない男の悩み「包茎」

誰にも言えない男の悩み「包茎」 > 包茎手術をするべき?

包茎手術をするべき?その理由は…。

包茎手術をするべきかどうかの判断は難しいものですが、生活に支障をきたさない場合であれば、本人の心の問題になってきます。
まず、前提として手術を受けるということには、メリットもデメリットもあることを理解しておきましょう。
その上で手術を受けるかどうかを判断することをおすすめします。

メリットとしては「コンプレックスから解放される」「自分に自信が持てるようになる」「生活に支障がなくなる 」などがあげられます。
包茎の手術を考えている人のほとんどは、症状として手術が受けなければならない人ではありません。
問題なのは、包茎であることにコンプレックスを感じて自信をなくしたり、日常生活を楽しめていないことにあると言えます。
コンプレックスと言っても様々あり、その根深さも思いの強さもそれぞれです。
中には恋愛ができなくなる人もいますし、ひどい場合だとコンプレックスが原因で勃起不全なってしまう人もいます。
そのような状態を打破する手段として、包茎手術を受ける人は少なくありません。
手術を受けてコンプレックスの根源を取り除けば、楽しい人生が待っていることでしょう。

しかし、手術を受けるには当然デメリットも存在します。
「手術のリスク」「金銭的な負担」「術後の生活制限(一定期間のみ)」など。
できれば、経験豊富な医師に手術を依頼したいですよね。
ただ、どんな手術も絶対に失敗がないと言い切れるものはありません。
確率としては少なくても、万が一のリスクは覚悟しておくことも大切です。
例えば、傷口の縫合がうまくいかず目立つ跡が残ってしまったり、メスを入れたところから出血してしまうこともあります。
また、手術を受けるにはまとまった費用が必要です。
特に仮性包茎の場合は保健適用外なので注意しましょう。
また、術後1週間程度は、入浴や禁酒など制限もありますし、再び性行為ができるようになるには2か月程度かかります。