包茎手術を受けようと思ったら何科に行けばいいの?

包茎手術を受けようと思ったら何科に行けばいいの? - 誰にも言えない男の悩み「包茎」

誰にも言えない男の悩み「包茎」 > 何科に行けばいいの?

包茎手術を受けようと思ったら何科に行けばいいの?

包茎手術を受ける場合、まず病院の何科を受診すればいいのでしょうか。
同じ包茎でも治療を必要とするものとして扱われる場合と、美容目的とみなされるものとがあり、それによって受診する科も異なるようです。
しかし、総合病院の受付で尋ねるのも勇気がいることでしょう。
インターネットで調べてみると、泌尿器科または美容外科で行うことができるようです。

では、泌尿器科と美容外科の違いを見てみましょう。
◆泌尿器科の場合
【対象】真性包茎とカントン包茎
【メリット】保険が適用されれば安い治療ができる
【デメリット】病気の治療を目的とするため、術後の見た目などは優先されにくい。
【費用】真性包茎の場合:保険適用で2~5万円

◆美容外科
【対象】希望すれば誰でも可能
【メリット】包茎手術を得意とする医師が手術を行うため、見た目や機能面も重視されている。カウンセリングや説明などが充実している。保険が適用されない為家族や会社に治療のことがばれない。
【デメリット】治療ではないので保険が適用されず、費用が高い。
【費用】真性包茎・カントン包茎の場合、保険適用外で約20万前後が目安です。
また、仮性包茎の場合はもちろん保険適用外なので8~15万位だそうです。

費用の面で考えると真性包茎とカントン包茎の場合は泌尿器科をおすすめします。
しかし、中には保険適用外で費用が高くても、仕上がりがきれいな方がいいと、望んで美容外科クリニックを選択する男性も多いようです。
最近では、メンズクリニックなども増えているので、周りの目を気にすることなく病院に通うことができるので、サービス面や精神的負担の面でも美容外科やメンズクリニックが人気のようです。